ネコやイヌまでをも供出させる戦争

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「氏家法雄 ‏@ujikenorio」2015年6月7日のツイート

2年ほど前の6月7日に、氏家さんという方が
このようなツイートをしていらっしゃいました。

 

「昭和17年の夏、役場から突然『猫を供出せよ』とのお達し…
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ』
『女の気持ち:私の猫』毎日新聞2012年8月3日付。
タバコ吸いにリビング横切ったらタマが起きた。
俺は絶対いややで。」

 

毎日新聞に掲載されていた「私の猫」と題する、戦時中に
ネコを供出させらるという経験をなさった方の投稿を
お読みになった氏家さんが呟いた言葉です。

 

「おれは絶対いややで」。
兵隊さんのコートの裏毛にするためにタマを供出するなんて
絶対に、絶対に「いややで」と思われたのでしょう。

 

このツイートに添えられていたのが、このネコの写真。
そう思ってみるせいなのかもしれませんが、タマちゃん、
単に可愛いというだけではなく、いかにも何かを
言いたげなちょっと戸惑ったような表情にも見えます。

 

 

タマちゃん(写真/氏家法雄さんのツイッターから)

 

 

 

「毎日新聞」2012年8月3日の記事

氏家さんのツイートにタマちゃんの写真とともに
添えられていた毎日新聞の記事「私の猫」はこちらです。

 

 私の猫

「昭和17(1942)年の夏、岡山に住んでいた。
役場から突然『猫を供出せよ』とのお達しがあった。
うちの飼い猫は、私が物心ついた頃から我が家にいた。
名前はタマという。

 

学校から帰り、『タマ』と呼ぶと、『ニヤッ』と
答えるだけで、いつもかまどのそばで丸くなり
寝ている老いた猫だった。

 

「猫をどねーするん?」。
役場の人に尋ねると、
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ。
アッツ島は寒うてのう。零下40度にもなるんじゃ。
お国の役に立つんじゃ、めでたい』と言った。
そして次の日の昼までに役場に連れてくるように
指示して、帰った。

 

私は母に言った。
『山に隠そうや。お墓の裏なら、誰にも見つからんで……』。
しかし、母は首を横に振った。
『そねーなことをして見つかったら大事じゃ。
憲兵に連れて行かれる。軍のお達しじゃ、聞かないけん』
と言い返してきた。

 

私は泣きながら、近所の神社へ走った。
神社には大きな杉が6、7本あり、南側は川だった。
そこはどこからも見えないので、大声で泣いた。

 

『タマは殺されるんじゃ。
毛皮にされるんじゃ。可哀そうじゃ』。
升で量りたいほど涙が出た。
顔が腫れていた。

 

夕方、家に帰ると、タマはもういなくなっていた。
私のいない間に父が連れて行ったようだった。

 

アッツ島で日本軍は玉砕している。
私の猫はどうなったのだろう。
夏休みの時期になると思い出す。

         大阪府八尾市 主婦 79歳」

 

 

 

 

 

私の主治医の体験

何度見ても悲しすぎる毎日新聞の記事を読んで
私は同じような話を思い出しました。
かなり前に歯医者さんで聞いた話です。

 

こちらはネコではなくシェパードの「ミラー」というイヌ。
この話をしてくれた歯医者さんの父親も歯科医でした。
ミラーという名前は診察の際、口の中に入れて
歯をみる鏡「ミラー」からつけたそう。

 

当時、5歳になったかならないかという年頃の私の主治医は
毎日新聞に投稿していた女性より、少し年下と思われますが
今でもミラーのことが心に大きな傷として残っているようです。

 

私自身はイヌやネコの供出の話はその時に初めて知って憤り
や悲しみは感じましたが、それ以前に不思議な気もしました。
お寺の鐘などの金属類を供出させた話は聞いたことがあります。

 

でもコートの裏毛のために、ペットのネコやイヌの
毛が必要なんて一瞬、信じられなかったのです。
まさか、そんなこと……、と。

 

 

 

写真は本文とは関係ありません
草むらで保護されたイヌの
シーズー犬は子猫を守ってました

 

 

 

「 NHK 北海道  NEWS  WEB」2017年8月11日

ですが残念ながらこの信じがたい酷いことは事実です。
昨日の「NHK  NEWS  WEB」にこのような記事がありました。
「戦地に姿を変え送られた犬やネコ」(北海道 NEWS WEB)

 

この記事によりますと、イヌやネコの毛をコートの裏毛に
使用する取り組みは、北海道が全国に先駆けておこなった
ものでその後、全国に広がっていったということです。

 

北海道内では、1944(昭和19)年から人々に供出を呼びかけ
終戦までにおよそ7万匹のイヌやネコが処分されました。
この数は、あくまでも北海道内のみでの数字です。

 

 

 

 

そうして供出されたイヌやネコが、次にどのように
なるかを目撃した人の動画もつけられていました。
加藤光則さん、83歳の体験です。

 

当時10歳だった加藤さんは、後志の共和町に住んで
いましたが、学校からの帰り道で、皮を剥ぎ取られた
イヌやネコが積み上げられているのを目撃します。

 

「イヌやネコが雪の中に毛皮になって、丸裸になった
やつは片側にずっと分けて積み上げてある」という
加藤さんの次の言葉が最初、私には理解できませんでした。

 

「生きたまま血だらけで逃げたのは今でも目に焼き付いている」
という言葉なのですが、何度かその部分を再生し、また文章
を読み返すことでやっと私は理解することができたのです。
このむごすぎる文章の意味が。

 

「毎日の生活の家庭の中に直接戦争が入り込んでくるんだと。
鉄砲の弾が飛んでくるとか爆弾が落ちるという形で入って
くるんじゃないんです」と語る加藤さん。

 

 

 

こちらは、目の見えない友達(左)を助けるイヌ

 

 

この動画には、供出の経緯について調べている
地域史研究者の西田秀子さんも出ています。

 

「撲殺されて毛皮にされて兵隊さんの防寒着になったり、
帽子になったりして戦場に姿を変えていくわけなん
ですけど、それが実際のリアルな戦争の姿ですよね。
その状況っていうのは想像してみなきゃならない。
そのために、体験者の話を実際に聞き取ってみなさんに
伝えていくことが私の仕事じゃないかと思っています」

 

と西田さんは話していました。
日常生活に戦争が入り込んでくることの恐ろしさ、
実際のリアルな戦争のむごたらしさ……。

 

それを私たちが実際に体験しないようにするには
何をしたらよいかを考える段階も過ぎて、今は
もう実際に行動する時期が来ているのかもしれません。

 

スポンサードリンク




ツバメの水遊び 「東京都心では2年間、ツバメが観測されず」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

2年間、東京ではツバメが観測されていない

今日、しばらくぶりに外出先でツバメを見ました。
沢山のツバメが池にやってきて、順番に水遊びをしている
可愛い光景に遭遇したのは初めてのことです。

 

私は思わず立ち止まって見入ってしまいました。
最初は、ツバメが何をしているのかがわかりませんでした。

 

今年の3月に、ネットの「YOMIURI  ONLINE」で
「東京都心でツバメが2年間続けて観測されず
生物季節観測のピンチ」という記事を読みました。
     (「読売オンライン」2017年の3月18日付)

 

そういえばここ数年は、私もツバメを見た記憶がありません。
以前、このブログで、東京ではありませんでしたが、お隣の
千葉県でツバメの巣にヒナがいたと書いたことがありました。

 

 

2013年に見たツバメの巣

 

 

 

最後に見たのは2013年

今、調べて見ましたいら2013年7月の記事です。
「ツバメの巣 巣立ち半年後の渡りまでの生存率は13%」
ということは、もう4年も前のことになるのですね。

 

それ以降、見ていたかったツバメを、今日は東京から新幹線で
西の方に行った場所で大量に見ることができたのです。
その時、周りにはほとんど人はいませんでした。

 

静かで美しい庭園のかなり大きな池に、鳥が飛んできては
順番に水面をかするように飛んでいるのが目に入りました。
そこは、よくペアーのカモが泳いでいる池です。

 

飼っているカモだと思っていたのですが、そうではなく
カモがいわば勝手に飛んで来ているのだということでした。
そういえば、時にはメスのカモしかいないこともありました。

 

 

 

 

 

水飲み? 水遊び?

今日はカモの姿が見えずに残念、と思っていたらツバメが
池の上で大きく輪を描くように飛んでいて、順番に水面に
降りてくるかと思うと、少しだけ水に触れてまた飛び去ります。

 

水中の餌をとっているのか、水を飲んでいるのか、はたまた
水遊びをしているのかがわかりませんでしたが、家で調べて
みると、水遊びが水を飲んでいたかのどちらかのよう。

 

確かに今日は暑い1日でした。
ツバメたちも水遊びをしたかったのかもしれませんね。
どちらにしても華麗で美しい姿でしたよ。

 

 

 

 

 

越冬ツバメ

ツバメは北半球の広い範囲、ユーラシア大陸、南北
アメリカ大陸、アフリカ大陸などに生息していて
初夏になると沖縄から北海道まで日本各地にやって来ます。

 

日本で卵を産み子育てをし終えたツバメは、台湾や
フィリピン、ボルネオ島、マレー半島、ジャワ島など
に帰って冬を過ごします。

 

中には「越冬ツバメ」と呼ばれる西日本などで冬を越すものも
いて、夜になるとみんなで殻を寄せ合い、暖をとっているそう。

 

 

 

 

 

過酷な「渡り」

日本のどの場所で子育てをしていたツバメであっても、渡りを
するときは沖縄諸島から、台湾、東南アジアへと移動します。

 

それぞれの島は数百キロメートル以上離れていますので
その間、ツバメは飛び続けることが必要です。

 

このようにして越冬地に渡ったツバメが翌年、日本に
やってくる率といえば、わずかに11パーセントに過ぎない
といわれるほど、渡りはツバメにとって過酷なもの。

 

寒さに耐えることができて、食べるものがあるならば、
過酷な渡りをせずに日本にとどまろうという
ツバメもいるということなのでしょう。

 

 

 

 

 

歩くのは苦手

ツバメは、飛んでいる蚊や蛾などの羽虫をエサに
するそうですので、今日のツバメが池でエサを
とっていたわけではなかったようです。

 

「雨が振る前はツバメが低く飛ぶ」ということわざがあり
ますが、これは水分を含んで低い場所を飛んでいる虫を獲る
ために低空飛行をしているツバメの様を表現したものです。

 

エサである虫をとるのも、水を飲むのもツバメは飛びならが
するようですが、これはツバメが歩くことが苦手だから。

 

足は短くて弱いので、巣作り以外では
ほとんど地上を歩くことはないといいます。

 

 

 

 

 

天敵が多くって……

巣作りに使用する泥を集める時だけは地上に降りてきて
泥に唾液を混ぜ合わせたもので、巣を作ります。
そんな苦手な地上に降りて作った巣ですが
時にはスズメに取られてしまうこともあるそうです。

 

戦わないツバメにはスズメ以外にも、カラス、
ムクドリ、ネコなどたくさんの天敵がいます。

 

カラスなどは、ツバメの巣がどこにあるか、
ヒナがどの位の大きさかまでチェック済みで、
ほどよい大きさになるまで待ってから襲うのだとか。

 

 

 

 

 

益鳥

ツバメは害虫を食べてくれる益鳥として、またツバメが
巣を作る家は栄える、縁起がいいなどといって
日本では昔から愛されてきた鳥でもありました。

 

江戸時代には、ツバメを捕まえることは禁止
されていて、村全体で保護していたということ。

 

最近では、神奈川県で2006年以降、種単位の減少種として指定、
千葉県では2011年以降、種単位で一般保護生物に、
また千葉市では2004年に要保護生物に掲載されています。

 

減少傾向にあったツバメが、2年前からは東京では全く姿を
見せなくなってしまったということは、本当に心配です。

 

 

 

 

2013年にこのブログで書いた、日本で生まれて巣立って
から、半年後の渡りまでの生存率が13パーセント。

 

そして今日知った、渡っていたツバメが翌年、
再び日本に来ることができるのが11パーセント。
この数字に関しては自然の厳しい掟ということでしょう、

 

それでもツバメは古来、毎年日本にやってききていたのです。
最近の異変は、環境を含め人為的な側面も
かなり影響しているように思えます。

 

よくいわれることですが、ツバメが暮らせなくなる事態
とは、それは人間が暮らせなくなる環境でもあるのです。

 

ツバメの飛翔を見て、言葉にできない美しさに驚きました。
動物も植物も人間も、ともに健やかに暮らすことが
できる地球であり、日本になることを祈るばかりです。

 

スポンサードリンク




「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」クリフトン・カーフ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

「赤坂  金龍」とクリフトン・カーフ

諸事情から一度は閉店した赤坂の「料亭金龍」が、日本の伝統文化発信の
「赤坂  金龍」として再出発をするきっかけの一つとなったのは
今日、御紹介するクリフトン・カーフさんの影響だったということです。

 

彼の作品はどのようなものだろうと、検索をしてみて驚きました。
かなり前のことですが、彼の作品をカード(だったか正確には忘れ
ましたが)にした何点かを、友人から頂いたことがあったからです。

 

建物や路地、お茶室の中など、日本の美しい風景を版画にした
作者を、私は当然のように日本人だと思い込んでいました。
その作者が「赤坂  金龍」と御縁のあった版画家だったとは……。

 

 

 

料亭金龍」は2009年、「赤坂  金龍」として再出発

 

 

 

1955年に再来日

フィンランドに生まれ、後にアメリカに移住した祖父母を持つ
クリフトン・カーフ( Clifton  Karhu)は、1927年に
アメリカのミネソタ州ダールズで誕生しました。

 

彼が初めて日本を訪れたのは1946年、18歳の時のこと。
最初は、なんと軍人として長崎県の佐世保にいらしたそうです。
軍人といっても任務は、軍隊付きの画家として。

 

家族の全てが絵を描くという環境で育ったクリフトン・
カーフはその時すでに、日本の文化や町並みに興味をもち
帰国後の1950年〜1952年には、ミネアポリス美術学校に通います。

 

 

 

「桂離宮と月」クリフトン・カーフ

 

 

 

京都から金沢に

卒業後、23歳だった1955年に再来日し
最初は滋賀県に、そののち京都に移ります。
初めての個展が大成功を収めたのは1961年、34歳の時でした。

 

それからは国内はもとより、香港、オーストラリア、
ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

59歳になった1986年からは、生まれ故郷のアメリカ、ミネソタ州で、
2年後には当時拠点であった京都で、またその2年後には、彼のルーツ
ともいうべきフィンランドで、それぞれ回顧展を開催しています。

 

 

クリフトン・カーフさんと、愛猫・マイト君

 

 

京都のアトリエ兼住居を1995年、68歳の時に金沢に移します。
九谷焼きの仕事で訪れた際に金沢に魅かれ、何度か通ったのちに購入
した家は、内外装とも金沢の茶屋文化の伝統的な様式に整えました。

 

金沢に移ってからも版画集を刊行し、フィンランド、スウェーデン、
アメリカでの個展を開催していたクリフトン・カーフは
今から10年前の2007年3月24日、80歳で永眠。

 

このようにみていきますと、「赤坂  金龍」との
繋がりはどのあたりに位置するのでしょうか?
できることならば、秋葉佳宣さんに伺ってみたいところです。

 

 

秋葉佳宣さん「赤坂  金龍」
(写真/「『WELCOM港区』vol.630」)

 

 

 

うさぎがお出迎え「カーフこれくしょん」

金沢の浅野川沿いの主計町(かづえまち)にあった、彼の自宅兼
アトリエだった茶屋を改装した建物は、現在クリフトン・カーフ
作品の展示、販売をするギャラリーになっています。

 

Yanis   Art  japan   ltd.(株式会社 ヤニスアート・ジャパン)
(代表取締役 香川寿幸
 〒920-0908 石川県金沢市主計町3-19
 Tel.076-255-3928(代)   Fax.076-255-3926
 メールアドレス       info@cw-karhu.jp)

 

金沢に移ってからもカーフは、国内はもとより、香港、
オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

会社名についている「ヤニス(Yanis)」とは
フィンランド語で「うさぎ」という意味だそうです。
カーフさんも社長さんも、卯年生まれだからとのこと。

 

 

(写真/「金沢主計町茶屋街『かーふコレクション』 」)

 

 

というわけで、ギャラリーの格子戸には、うさぎさんがいっぱい。
写真はギャラリーの内側から見たものですが外は
ボタン雪が降っていて、カーフさんの版画のようですね。

 

 

 

水に映る風景を版画に

クリフトン・カーフは、雨上がりの茶屋街を好んだといいます。
雨に濡れた道路に映った電線を見ていると
一瞬、版画であるのを忘れてしまうほど。

 

 

クリフトン・カーフが雨上がりの友人宅を書いた版画
(写真/「カーフこれくしょん」

 

 

奥の蛇の目傘が、道に溜まった雨におぼろげに映り
ちょっと強めの風に煽られた暖簾が翻っている雨上がり。
がっしりとした黒の直線に添えられた、嫋やかな曲線が美しい。

 

数十年前にクリフトン・カーフの作品をプレゼント
してくれた友人に、見せてあげたい版画です。
ちなみにこちらはクリフトン・カーフの金沢の友人宅だそう。

 

次の写真は、3年前の赤坂サカスの「ホワイトサカス」の様子ですが
間に水が入ることにより、風景は不思議な美しさに彩られます。

 

 

並べてごめんなさい、こちらは雨の赤坂サカスの写真

 

 

 

洒脱な筆使いの墨絵

クリフトン・カーフといえば、このような京都や金沢の町並みや、
「桂離宮と月」のような版画が最も有名だと思われますが
実は私は、カーフさんの墨絵が大々好きです。

 

 

クリフトン・カーフの版画「桂離宮と月」

 

 

大胆で生き生きとした自由な筆づかいが
生み出す線を見ていると、楽しくて、嬉しくて。
何もこわいものはないぞ!、という気になっちゃいます。

 

こちらは「二兎を追う者は一兎をも得ず」の「二兎無兎」のうさぎさん。
(逃げられてよかったね)

 

 

 

クリフトン・カーフの「二兎無兎」
(写真/「カーフこれくしょん」)

 

 

左に書かれているのは
「RUN  AFTER  TWO  RABBITS  AND  YOU’LL CATCH  NONE」
というアルファベットの英文ですが、なんとも絵になっている字(!)。

 

その左には「佳風」とサインがありますが、この「かーふ」のサインは
初期には「夏風」という文字で書かれていたようです。
夏の風、も「佳風」に劣らず素敵です。

 

小説家のヘンリー・ミラーも、クリフトン・カーフ
のユーモラス墨絵を愛したようですよ。

 

 

 

 

 

鮎を売って生計を立てた頃を思い

クリフトン・カーフさんが、最後の12年間の住まいを
金沢主計町に決めたのは、再来日して岐阜にいらした頃
の郷愁に駆られたことも、理由の一つだったとか。

 

再来日して滋賀に住んでいた頃は、プロ級の腕前をいかして趣味の
釣りで得た鮎を売って、生計を立てていたこともあったのだそう。
金沢主計町にたゆたう浅野川を見て、その頃を思い出されたといいます。

 

常に着物を着て仕事をし、愛した金沢の街を散策する
クリフトン・カーフは、金沢の人々からも愛されていました。

 

「かーふコレクション」の香川寿幸さんは、こんな言葉を記しています。
「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」。

 

 

「マイト」はフィンランド語で「ミルク」の意味

 

 

カーフさん御自身も、自画像を描くときは
目の色を青く描かれたそうですが、実際は
ブルーグリーンの目をおもちだったそうです。

 

上の写真でカーフさんと一緒に写っている、彼によく似た
もはもはのネコちゃんの名前は、「マイト」君といいます。
これはフィンランド語で「ミルク」を意味する言葉。

 

今から10年前の2007年3月24日にカーフさんがお亡くなりになってから
3年ほどの月日を経た2010年4月に、マイト君は11歳で死んでいます。
マイト君の目の色は、何色だったのでしょう?

 

スポンサードリンク