「こがし黒蜜かりんとまん」麻布十番かりんと 美味しいお菓子屋さんの密集地

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160928kogasikuromitukarintoman

 

 

昔懐かしいかりんとうを今風に

しょっぱなからボケボケ写真で申しわけありませんが、これは
麻布にあるかりんとうの専門店「麻布かりんと」で一番人気を誇る
「こがし黒蜜かりんとまん」を2つに切ったところの写真です。

 

懐かしさを感じさせるお菓子、かりんとうを現代風にアレンジしたら
おもしろいのではという発想から、2009年にオープンしたお店だそう。

 

「麻布かりんと」
*106-0045 港区麻布十番1丁目-7-9  03-5785-5388
*営業時間:10:30~20:00      定休日:毎月第2火曜日)

 

 

 

「麻布十番   あげもち屋」と姉妹店

この写真の右のお店が「麻布かりんと」のお店です。
左にあるお店は前回、御紹介した「麻布十番あげもち屋」

 

 

160927azabukanrinto     「麻布  かりんと」左は「麻布十番  あげもち屋」

 

 

何となく雰囲気が似ていておわかりかと思いますが、姉妹店です。
「あげもち屋」が照明も含めて黄色をメインとして明るいのに対して
「かりんと」の方は照明を少し落としちょっと黒っぽい雰囲気ですね。

 

東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線の「麻布十番」から歩いてすぐ。
麻布のこちらが本店ですが「あげもち屋」同様、東京をはじめとし
北海道、大阪、神戸、名古屋、福岡にもお店があるようです。

 

 

 

CDショップ?

「あげもち屋」のパッケージはこんな感じでしたが
「麻布かりんと」の方は、薄い正方形に近い包装になっています。

 

 

160712agemotiya      彩りベジタブルあげ「麻布十番   あげもち屋」

 

 

「あげもち屋」同様、和風の模様がプリントされている包装紙に包まれ
ていますが、一度に食べられる量という感じで少量ずつの薄いパック。

 

お店で並んでいる写真がこちらですが、これ何かに似ていませんか?
実はこれ、CDショップをイメージしたものだそうです。

 

 

azabukarinto         かりんとうがお行儀よく並ぶ店内

 

 

 

50種類以上ものかりんと

そしてこのかりんとも「あげもち屋」と同じく、種類が豊富。
50種類以上もあるといいますので、選ぶのが大変かもですね。

 

オーソドックスなものから、竹炭かりんと、カレーかりんと、
レーズンかりんと、唐辛子かりんと、ねぎ味噌かりんと。

 

男性に人気でお酒のおつまみにもあうというきんぴらごぼうかりんと。
カプチーノかりんともそうですが、アップルパイかりんと
にいたっては、味の想像もできないほどです。

 

かりんとうは当て字で「花林糖」とも書かれることがあるようですが
要は「かりん糖」と「糖(とう)」ですが、「麻布十番   かりんと」
では、親しみを持ってもらうためにあえて「かりんと」としたそう。

 

 

160928karintomanju       こがし黒蜜かりんとまん「麻布   かりんと」

 

 

 

一番人気

「麻布十番   かりんと」で一番人気を誇るのが、かりんと饅頭。
こちらでは「こがし黒蜜 かりんとまん」という名前です。

 

実は昨日買った時に「今日中にお召し上がりください」といわれた
のですが今日、写真を撮ったため、ちょっと表面がボコボコとして
出来立てのほやほや、ツルツル感がなくなってしまいました。

 

そのため一見、かたそうでしたが、以外やしっとりと柔らか。
このしっとりさん、出来立ては何とパリッとしているのだそう。
お店で買う時に食べちゃいたかった、というのが正直な感想です。

 

 

kuriiga

 

 

 

「栗入り」もあります

焦がした黒密の香ばしさは、ちょっと他にあまりないという
感じもして、中のこしあんの甘さを上手に引き立てています。

 

「こがし黒蜜かりんとまん」はオンラインショップにはなく
店頭販売のみで、午前90個、午後90個の限定販売だそう。

 

 

160928kogasikuromitukarintoman      こがし黒蜜かりんとまん「麻布   かりんと」

 

 

写真の「こがし黒蜜かりんとまん」は普通のタイプのもの
ですが、季節限定なのでしょうか、小さく切った栗がポツポツ
と入っている「こがし黒蜜かりんとまん  栗」もありました。

 

買っておきながらなんですが、実は私は黒砂糖系のお菓子
はさほど好きではなく、まして油で揚げてあるとなれば
普段でしたらちょっと遠慮しておくのが常です。

 

ところが「こがし黒蜜かりんとまん」は「黒蜜+油」であるにも
かかわらず、油と甘みがくどくなく想像以上に美味しいものでした。

 

 

azabu
B「麻布十番あげもち屋」 C「麻布かりんと」 D「浪花家総本店」
E「チョコレートハウス  モンロワール」 F「豆源」

 

 

 

麻布の美味しいお菓子屋さんの密集地

今、改めて地図を見て驚いたのですが「麻布十番   あげもち屋」や
「麻布   かりんと」のある一角はお菓子屋さんが多いですね。

 

上の地図ではちょっとわかりづらいと思いますので、一塊のように
なっている「B〜F」までを書いてみると、こんな感じになります。

 

 

           |  |
           |  | D 浪花家総本店
     B かりんと  |  | E モンロワール
    A あげもち屋  |  | F 豆源
___________   __________

 *            交差点      麻布十番駅   →  
___________   __________
           |  |
           |  |

 

 

道路の縦線が上手に書けずに点線になっていますが、そこは御容赦を。
交差点の左上の角に「あげもち屋」と「麻布十番かりんと」が並んでいて
道の向かい側には、たいやきで有名な「浪花家総本店」があります。

 

 

130421naniwayataiyakimateki          たいやき「浪花家総本店」

 

 

そのお隣には「チョコレートハウス   モンロワール」

 

 

rihukyubu  リーフキューブ(葉っぱ形のチョコレート)「モンロワール」

 

 

そしてそのお隣は「豆源」ということになっているのですね。
美味しいお菓子屋さんが交差点のまわりに5つもかたまって
いるとは、本当にびっくりしました。

 

130215hina            ひなあられ「豆源」

 

スポンサードリンク




「黒ごまと木の芽の最中」「トマトのフィナンシェ」麻布野菜菓子

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160921yasaimonaka

 

 

野菜菓子のお店「野菜菓子」

今日は久しぶりにお菓子の御紹介です。
「あぷりのお茶会」という名前のブログのわりには
最近はお菓子はあまり登場していませんでしたね。

 

野菜のお菓子を扱っているお店なのですが、その店名も「野菜菓子」。
東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線の「麻布十番」駅の1番出口を
出て「二の橋」方面に向かって80メートルほど歩いたところにあります。

 

「麻布野菜菓子」〒106-0045 港区麻布十番3丁目1−5
03-5439-6499  営業時間 11:00〜19:30   定休日 毎週火曜日)

 

 

121111minitoma

 

 

ここは江戸時代は、絶対に飯野藩保科家上屋敷の敷地内でしたね、
というような場所にあるのですが、この場所にカフェ付きの
「麻布野菜菓子」が移ってきたのは、2014年の3月のこと。

 

それ以前の2年間は、南麻布の住宅街の中にあったそうです。
おしゃれなお店が、何気なく住宅街にあるのもなかなか素敵。

 

 

160921financier       トマトのフィナンシェ「麻布野菜菓子」

 

 

 

「トマトのフィナンシェ」

「麻布野菜菓子」で扱っているお菓子は和菓子に洋菓子、ジャムなど。
その洋菓子の一つが、この「トマトのフィナンシェ」です。

 

フィナンシェの種類は、他には「紫いも」「ほうれん草と抹茶」
「かぼちゃ」「生姜」とありますが、これらはフィナンシェとして
何となく「あり」という感じもしますよね。

 

ところが、トマトのフィナンシェはちょっと驚きます。
トマトのフィナンシェって?、という疑問がふつふつと
湧いてきたので、あえてトマトを選んでみました。

 

 

130715pikkorotomato

 

 

トマトはお芋系と違って酸味がありますから、フィナンシェ
には合わないのではという気もしましたが、そこはそれ、

 

アーモンドパウダーやバターなどの巧みな配合により
酸味が勝ち過ぎるということは全くありませんでした。

 

フィナンシェの中には熟したトマトがたっぷり入っていて
上にはかわいいチェリートマトが乗っています。

 

 

160921azabuyasaigasi       黒胡麻と木の芽の最中「麻布野菜菓子」

 

 

 

「木の芽」を最中に?

そしてお次ぎは最中なのですが、これもただの
最中ではなく「黒胡麻と木の芽の最中」。

 

木の芽といえば竹の子の炊いたもの、竹の子御飯に田楽、という
ものしか思い浮かびませんが、それを最中にしちゃったのですね。

 

しかも御覧のように最中の皮とあんが別々に包装されていて
食べる直前に合わせていただくというスタイルになっています。

 

 

462cb94cb4612b405571176edcba3086-thumbnail2      3種類の野菜最中(写真/「麻布野菜菓子」)

 

 

最中は、他には「薩摩芋」「蓮根」とあったのですが、これもやはり
一番想像ができない「黒胡麻と木の芽」を選んでみました。

 

こちらの写真の最中もとても美しいのですが
実際のものも本当に美しく仕上げてあって驚きました。
繊細な木の芽の形を崩さず、色も不思議なほどに緑色が保たれていて。

 

「黒胡麻と木の芽の最中」は珍しくもあり外せませんが
蓮根最中も、まるで手漉き和紙のような趣で何ともいえぬ美しさ。

 

この「黒胡麻と木の芽の最中」、見た目はもちろん美しいのですが
木の芽が最中に合うのか、という肝心の味の部分は如何に?
それが不思議なのですが、合うのですよ、木の芽なのにね。

 

 

160608sansho             お友達のうちの木の芽

 

 

 

組み合わせの妙

このように「麻布野菜菓子」のお菓子に使われている野菜は、おいもや
かぼちゃのような普通に考えられる野菜ではなくかなりユニークです。

 

夏の間はカフェでかき氷があるのですが、今年のかき氷は
「黒糖新生姜のかき氷」と「ミニトマトのかき氷」でした。
生姜の方はまあそうかなとも思いますが、トマトのかき氷はね。

 

一昨年、2014年のかき氷は次の3種類だったそうですよ。
「トロピカルフルーツのような、ほおずきソース」
「濃厚クリームチーズとセロリのコンポート」
「無花果にクリームチーズとミルク」

 

ほおずきソースはふむふむ、でも濃厚クリームチーズにセロリの
コンポートとは、かき氷というより前菜のようですね。

 

 

121114mursaki-1               紫いも

 

 

またカフェのメニューには「茄子と紫芋のロールケーキ」もあります。
塩こうじの効いた生クリームを、紫芋の生地で包んだロールケーキで
生クリームの中には、甘い茄子のコンポートが入っているのだとか。

 

その他にも「ゴボウの羊羹」「ミニトマトの羊羹」「塩麹レモン羊羹」
などあって、塩こうじ?、と驚きますが、確かに塩羊羹が
あるのですから、あり得ない組み合わせではないのだと納得。

 

 

 

「白いお汁粉」

そしてこちらは「白いお汁粉」、白あんで作っているそうです。
お汁粉自体はよくあるものですが、これが白となると何とも不思議。

 

 

siroiosiruko        白いお汁粉(写真/「麻布野菜菓子」)

 

 

中には黒ごま、かぼちゃ、ホウレンソとトマトで作った野菜白玉が
入りとてもカラフルですが、これが映えるのは白いお汁粉だからこそ。

 

おまんじゅうにも白あんや黄身あんなど、いろいろあるのですから
考えてみたら、お汁粉が白でも別に不思議ではないのかもしれません。

 

ただお汁粉といえば濃い小豆色というイメージが強いために
白いお汁粉というとちょっと「!」となってしまうのは
私が常識にとらわれているからかもしれません。

 

 

130210miki

 

 

 

おもちゃをプレゼントするような楽しさ

和菓子には美しいものが多いですが、「麻布野菜菓子」は
それに意外な驚きや楽しさまでがプラスされています。

 

自分で考えたわけでも、作ったわけでもないのに
お友達にプレゼントをして何となく自慢したいような感じ。

 

でも単に奇抜な組み合わせで驚かせるということではなく、そこには
まず「味」が基本に据えられていることは間違いのないところ。

 

 

kironinjinraion500

 

 

例えば先ほどの「ゴボウの羊羹」、ゴボウにココアと黒砂糖を組み
合わせているそうですが、まだ頂いていないものの思わず、なるほど〜
そういう手(?)があったか、とうなるような感じの取り合わせ。

 

一つのお菓子が生まれるまでには、様々な組み合わせをしてみたり
沢山の試作品を作ったりと、時間と労力が費やされているのでしょう。

 

そんなことを全く感じさせずに店頭で美しく並んでいる野菜菓子たち。
一つ一つの野菜菓子を、野菜と他の材料に、そして作ってくれた方に
感謝しながら、丁寧に頂きたいと思います。

 

 

160921yasaimonaka        黒胡麻と木の芽と最中「麻布野菜菓子」

 

 

スポンサードリンク




釜なりや・塩おかき 麻布十番「豆源」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160208mamegen

 

 

創業150年の「豆源」

先日は麻布十番で創業70年以上の「あべちゃん」
もうすぐ100年になるという「福島屋」の御紹介をしましたが
今日、御紹介するのは創業150年という「豆源」です。

 

(〒106-0045 東京都港区麻布十番1丁目8-12
Tel.03-3583-0962 Fax.03-5561-0235
平日 10:00〜20:00  火曜日 10:00〜19:00
金曜・土曜 10:00〜20:30   火曜日不定休)

 

明治よりもっと前の1865年、慶応元年の創業になります。
初代の店主・駿河屋源兵衛さんは煎り豆を肩にして屋台荷車を引きながら
江戸の下町を歩き「豆やの源兵衛」さんと親しまれていたそうです。

 

現在の「豆源」の社長は六代目の柴田元気さん。
20年ほど前にお店を継がれました。

 

麻布十番が本店の「豆源」は、東京スカイツリーの
ソラマチタウンをはじめ、主要デパートに出店。
扱っている商品は豆菓子、米菓の他に和菓子など50〜60種類。

 

 

 

釜蒸しまんじゅう「釜なりや」

そんな麻布十番「豆源」から、今日はおまんじゅうと
塩おかきを御紹介しましょう。
まず最初は釜蒸しまんじゅうの「釜なりや」。

 

 

160208kamanariya     釜蒸しまんじゅう「釜なりや」 麻布十番「豆源」

 

 

原材料は、小麦粉、砂糖、小豆、醤油、膨張剤とシンプルです。
お味もその通りに素直なやさしいおまんじゅうでした。
茶色の黒糖っぽい皮の色をしていますがこれはお醤油だそうです。

 

ところでこのおまんじゅうの名前の「釜なりや」なのですが
釜なりやという店名はいくつかありますね。

 

1990年にできた京都(本社は東京都荒川区西日暮里)の「釜なりや」や
江戸時代末期の弘化2(1845)年創業の茅ケ崎の老舗「釜成屋」など。

 

ですが「豆源」の「釜なりや」の命名はそれらのお店とは
関係がなく、釜蒸しまんじゅうを作っている時に蒸気が出て釜が鳴る、
ということからの命名なのでしょうね(多分)。

 

といいますのも、この「釜なりや」は「豆源」のサイトの
「商品の御案内」には載っていないのでよくわからないのです。
ちょっと小ぶりですが、なかなか存在感のあるおまんじゅうですよ。

 

 

160208mamegen        塩おかき(右側) 麻布十番「豆源」

 

 

 

「塩おかき」

そして次は「釜なりや」の右に写っている「塩おかき」。
実はこの2つのお菓子は私が購入したものではなく、「豆源」の前で
お友達と待ち合わせをした時に、その方から頂いたもの。

 

彼女は本当に美味しいものに詳しくて、いつもちょっと
意外な感じがするものをプレゼントしてくれます。

 

例えば今日ですと「豆屋さんだけどおまんじゅうとおせんべい」という
具合で、彼女の基準はクチコミではなく自分の舌という頼もしさ。

 

この「塩おかき」は一つ一つを丁寧に天日干ししたものを、240度の
高温の米油とごま油で揚げたものに良い加減の塩を振ってあります。

 

麻布十番の「豆源」本店では、11:00〜13:00と、14:00〜16:00あたりに
「塩おかき」を揚げていますので、揚げたてを買うことができます。

 

また金曜と土曜日に限りますが、日本橋高島屋に入っている
「豆源」でも実演販売をしているそうです。

 

なお「塩おかき」の原材料名は、
もち米、植物油、食塩、調味料(アミノ酸等)。
書いているうちに食べたくなってしまったので、また買いに行こ〜っと。

 

スポンサードリンク