愛知県陶磁資料館で、現在「ローゼンタール〈魔笛〉」が紹介されています!

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

「モダン・ヨーロッパの名作食器セット」展
           愛知県陶磁資料館

 

今日は「ローゼンタール〈魔笛〉」の展覧会のa
お知らせをいたしましょう。

 

現在、愛知県陶磁資料館(AICHI PREFECTURAL
CERAMICMUSEUM)では「モダン・ヨーロッパ
の名作食器セット」展が開かれています。

 

期日は2011年10月8日(土)~12月18日(日)まで。
本館一階、特別展示室で開催されています。

 

 

 

 

 

全体が三つに分かれています

 

第一章

 

「スタンダード・クラシックス Standard Classics」
マイセン「ブルーオニオン」シリーズ
ウェジウッド「ユーランダー」シリーズ
ロイヤルコペンハーゲン「フロラ・ダニカ」
「ブルー・フルーテッド」シリーズ

 

第二章

 

「北欧モダニティ Nordic Modernity」
スウェーデン、フィンランドのデザイン

 

第三章

 

「ローゼンタール社とデザイナーたち Rosenthal Prpducts and Designers」
ローゼンタール「魔笛」シリーズ

 

 

140202nanohana

 

 

 

もっともフォルムとファンクションに
高い美意識を持つローゼンタール社

愛知県陶磁資料館の公式サイトには、今回の展覧会の
みどころとしてはこんなふうに記されています。

 

「ローゼンタール社は陶器メーカーの中で
もっともフォルムとファンクションに高い美意識を持ち、

 

各国の著名デザイナーに制作を依頼しています。
それぞれに妥協なき、個性的な名作食器デザインです。」

 

 

130715tyokosakuranbo

 

 

 

他の追随を許さない美 

う~ん、まさにおっしゃる通りですね。

 

当ショップ、ローゼンタール〈魔笛〉専門店、アプリの
商品説明に書いた「フォルムの美しさは
他の追随を許しません」と一緒!、で嬉しい限り。

 

「確かにシュガーポットは個性的な美しさですが、
コーヒーポットやティーポットには、ローゼンタール
〈魔笛〉に近いものもあるのでは?」

 

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、違うのです!

 

このフォルム、このライン、わずかな違いも
許さない、美を追求する厳しい目と感性が
つくりあげた逸品なのです。

 

 

130912ominaesi

 

 

 

三章はローゼンタール社〈魔笛〉のみ

第一章と第二章は、それぞれ複数のブランドが紹介
されていますが、第三章はローゼンタール社のみ。

 

そして代表として登場するのが〈魔笛〉シリーズ。

 

それだけ、ローゼンタール〈魔笛〉がデザイン性
に優れた、美しいものだという証しですね。

 

(まるで自分の作品が褒められた如くの、舞い上がり方
をしていますが、どうかお許しくださいませ……
ちょっと恥ずかしくもありますが嬉しい限り)

 

その上、愛知県陶磁資料館は、今回の展覧会のみならず
愛知県陶磁資料館としてローゼンタール〈魔笛〉の
セットを所有していて展示しているということです。

 

素敵ですね、いつかは行ってみたいと思っています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す