葉っぱだと思ったら鳥だったお話

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

一年前の今頃、いえもう少し前だったでしょうか、
夜空に美しいものを見ました。
群れをなして飛んでいる鳥です。

 

東の方から西に向かって、たくさんの鳥が
うわっ~っと飛んでいきました。

 

最初は、茶色っぽい枯れ葉のようなものが、
一斉に舞い上がっているように見えました。

 

 

 

 

でも、葉っぱが舞い上がるにしては高度が高すぎて
いくら何でも枯れ葉が舞うような高さじゃないし、と。
そうなると、鳥しか考えらませんからね。

 

鳥って、夜飛べるんでしたっけ?
と考えて、そういえば「月に雁」などという切手
もあることですし、飛べる鳥もいるのでしょう。

 

昼間でしたら、たくさんの鳥が一列になって
飛んでいるのは、何度も見たことはあります。

 

 

 

 

でも夜に見たのは初めてでしたので本当に驚きました。
そしてそれはとても幻想的で美しいものでした。

 

深夜の美しい鳥、といいますか「鳥」というよりは
「美しい飛翔」といった方が正確かもしれません。
今まで見たことがないほどの美しさ。

 

この世には、私がまだ見たことのない美しいものが
きっとたくさんあるのでしょうね。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.