「ローゼンタール〈魔笛〉ゴールド」の本名は「ザラストロ」

愛知県陶磁資料館
『モダン・ヨーロッパの名作食器展」

この写真は前回紹介(「愛知県陶磁資料館で、現在
『ローゼンタール〈魔笛〉)』が紹介されています!」

した愛知県陶磁資料館のサイトで
「モダン・ヨーロッパの名作食器展」に
添えられていた写真です。

 

blog_import_51536288bd0e4

ティーセット《ツァウバーフレーテ[ザラストロ]》
ビヨン・ウィンブラド/ローゼンタール ドイツ
愛知県陶磁資料館蔵

 

 

 

写真の下に3行で書かれているものが
愛知県陶磁資料館のサイトに書かれていたものです。

 

2行目の、ビョルン・ビンブラッドの名前の表記ですが、
「ビヨン・ウィンブラド」になってます。

 

外国の方の名前をカタカナで表記する時には、
つきものの問題ですね。

 

他にも「ビョルン・ビンブラッド」との表記とか
いろいろなものを見たことがあります。

 

これは、どれが正しいということは
難しいでしょう。

 

 

 

《ツァウバーフレーテ》は〈魔笛〉のドイツ語

見ていただきたいのは、一番上の行です。
ティーセットの次に、《ツァウバーフレーテ》
とありますね。

 

これが〈魔笛〉のドイツ語をカタカナ表記したもので
英語では〈magic flute〉マジックフルート。

 

 

12.7.18.ora

 

 

 

[ゴールド]は[ザラストロ]

そして問題はその次の言葉の、[ザラストロ]ですが
実はこれがローゼンタール〈魔笛〉ゴールド
の本名なのです。

 

ザラストロというのはモーツァルトの
オペラ「魔笛」の登場人物の名前。

 

ローゼンタール〈魔笛〉が誕生した直後は
現在の〈ゴールド〉と〈ホワイト〉の他に
もいくつかのものがありました。

 

オペラ「魔笛」の何人かの登場人物を
デザインや色で表現した、超超凝ったものでした。

 

(デザインをしたビョルン・ビンブラッド氏は、
さぞ楽しかったことでしょう!)

 

私がローゼンタール〈魔笛〉に初めて出会った
1993年時点でも、現在はすでになくなっている
2種類ほどのものがあったように記憶しています。

 

 

 こちらは「パパゲーノ(Papageno)」

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す

CAPTCHA