桜の木は桜餅の匂いがする? 「赤坂サカス桜リレーのアンカー」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140510sakura

 

 

「赤坂サカス桜のリレー」末尾を飾る八重桜

先日、ちょっと東京を離れて
桜の木がたくさんある場所に行きました。

 

桜の季節はもう終わっていましたが、うす緑色の葉っぱが
そよそよと風になびいてきれいでした。

 

ですから今日の写真は、その時の写真ではありません。
この写真は、少し前に撮った赤坂サカスの桜の木。

 

赤坂サカスは約2か月間に渡って、桜の花が咲いています。
この写真は、赤坂サカスの桜のリレーの最終走者の八重桜かな。

 

白に限りなく近い桜色の花や、
それよりは紅の色がかったかわいい八重桜の花が
木の下を通りかかる人にやさしく微笑んでいるようです。

 

 

130215sakura

 

 

 

桜の木のそばで「桜餅」の香りが……

そこで、出先での桜の話なのですが
大きな桜の木のそばを通った時に
ふっと桜餅の香りがしたような気がしました。

 

食いしん坊な私のこと、ちょうどお腹がすいている
お昼時でもありましたので、気のせいだろうと。

 

そんなことを思いながら歩いていると
先ほどの桜よりずっと小さい木が立っていたので、

 

試しにそばによってくんくんしてみると
何の匂いもしません。

 

しばらく歩いていると、また桜餅の香りがしました。
見てみるとそれは大きな桜の木。

 

ということはやはり、桜の木は
桜餅の香りがするのですね。

 

 

130215sakuramoti

 

 

 

塩漬けにしないと香りが出てこない桜の葉っぱ

「桜餅の香り」と書きましたが、正確には桜餅を
包んである「塩漬けの桜の葉っぱの香り」のことです。

 

「桜の葉っぱ」の香りと、「桜の葉っぱを塩漬けにしたもの」
の香りが同じだとしても、別に不思議ではないよね?
とその時は思いました。

 

21133_L

 

とここで桜の塩漬けの写真を探していると……。

 

桜の葉の塩漬けの良い香りは
「クマリン」という成分、

 

この「クマリン」は生の葉には存在しないのですが
塩漬け加工をすることにより、他の成分が「クマリン」へと
変化することにより香りが出てくる、と。

 

ちなみに市販されている桜の葉の塩漬けは
ほとんどが伊豆半島の松崎町で生産されているそうです。

 

桜の葉の塩漬けには、大島桜の葉っぱがよいとされています。
葉っぱが柔らかいことや、葉の産毛(?)が少ないからだとか。

 

 

oosimazakurahana           大島桜(写真/「桜図鑑」

 

 

 

桜の葉の塩漬けは大島桜以外の桜でもできるよ

でも大島桜の葉っぱだけではなく
他の八重桜でもできるそうですよ。

 

ただ、塩漬けにする時期、ころあいを
見極めるのが難しいようですが。

 

新しい葉が出て時間がたちすぎると、筋張って固くなってしまい、
でも、あまり若すぎるのも、香りが少なくてだめだとか。

 

作り方自体は、それほど難しくないようですね。
「桜の花と葉の塩漬けの作り方」農林水産省

 

 

oosimazakurahatomi         大島桜の葉っぱと実(写真/同上)

 

 

 

ホントに桜餅の香りがしたんだけどなぁ……

先ほどの
「生の桜の葉っぱにはクマリン成分が含まれないので
桜の葉の塩漬けの香りはしない」

 

ということですが、私は少々納得できかねるのです。
1本の桜の木に、一瞬だけしたというのではありません。

 

それぞれの木のそばで、その木のそばにいる間は
ずっと香っていたのですから。
ただし、大きな桜の木に限りましたけど。

 

 

 

Wiki.のだめ押し!

Wikipedia」にはこう書いてあります。

 

生きている葉の中ではクマリン酸(o-クマル酸)配糖体の形で
糖分子と結びついて細胞内に隔離されているので匂いはしないが、
これを含むサクラやヒヨドリバナなどの葉や花を生乾きにしたり
粉砕、塩蔵するなどすると、死んだ細胞の中で液胞内の
クマリン酸配糖体と液胞外の酵素が接触し、加水分解により
クマリン酸が分離、さらに閉環反応が起こってクマリンが生成し、
芳香を発するようになる。

 

文章の意味は、私にはちと理解不能ですが
結局、生の桜の葉っぱは塩漬けの桜の葉にあるような
香りはしない、ということ。

 

クマリン (coumarin) は化学式 C9H6O2)だそうです。
意味はわからないけど、これクマリン。 ↓

 

150px-Coumarin_acsv.svg_

 

不思議だ〜!
あんなに桜の葉の塩漬けの「桜餅の香り」がしたのに……。
賢いお方、この謎をといておくれ〜!

 




スポンサードリンク



2 thoughts on “桜の木は桜餅の匂いがする? 「赤坂サカス桜リレーのアンカー」 

  1. 私も、桜の木のたくさんある場所で、桜餅の匂いを感じました。

    こちらは、秋田の海にちかいゴルフ場。

    6月6日のこと。秋田は、5月上旬に桜が咲いたことと思うので、

    桜が散って1ケ月ほどたっています。

    そして、海の近く。秋田は海からの潮風が強いので、

    生の葉っぱに潮?塩?がついて桜餅の匂いがしたのか?と当日思っていました。

    桜の木が多いところで、何度も桜餅の匂いを感じました。

    • RIKA様

      コメントありがとうございます!

      ホントですか?
      うっれし〜です。
      秋田にお住まいなのですね。
      そうですか秋田は5月上旬に桜が咲くのですか。

      そういえば、桜餅の匂いがしたところの桜は,
      花が散ってから多分そのくらい後だったと思います。
      嬉しいです(涙…)。
      そんなこと誰も言ってくれなくて。
      しますよね、桜餅の匂い。

      今,あえて考えれば,
      「生乾きにしたり粉砕、塩蔵するなど」
      とWiki.にありますので、木についている桜の葉っぱでも
      何らかの理由でちょっとだけ「粉砕」状態になるかもしれませんし、RIKAさんの御想像通り「塩蔵」状態に近かったのかもしれませんしね。

      いずれにせよ、桜餅の匂いがすることがあると
      RIKAさんが言ってくださったので
      世界でたった一人の孤独状態から立ち直ることができました。
      ありがとうございました!

コメントを残す